英検1級・東大受験・発音トレーニング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

英検1級合格への学習コーチング

英検1級は英語力以外に、プレゼンテーション(発表)能力が必要です。

とくに、面接試験では「いじめについて」や「遺伝子組み換え食品について」等の社会的問題について、即興でスピーチすることが求められます。

さまざまな社会的問題について、

  • 一般的に言われていること
  • それに対する自分の意見

を、手際よく整理して、論理的に述べる能力。

そのような力をつけるために、どういった勉強が必要か。具体的に、どのような方法があるか。

当塾では、英検1級受験者に対して、「月1回ペースの学習コーチング」を行っています。

  • 社会人、大学・専門学校生の方が対象です。
  • 料金はマンツーマンで1回2時間、8000円です。

東大英語への学習コーチング

東大の英語は他の国立大学とくらべ、英語の知識というより、国語の「現代文」的な能力が要求されます。

  • 長文を要約して、自分の言葉で言い直す力

これを身に付けるために、どのような勉強をしたらいいか、「月1回ペースの学習コーチング」を行っています。

  • 対象は高校生ですが、とくに高1~2生におすすめです。
  • 料金はマンツーマンで1回2時間、8000円です。

発音トレーニング

中学生・高校生には、通常の指導のなかで
発音/リスニングの練習も適宜行いますので、
それ以外の方について。

  • 対象は、社会人・大学生の方
  • ただいま、小学校~高校の先生に限定して行っています。料金無料。

細かい発音よりも、リズムに重点を置き、「英語らしく、かっこよく聞こえる」英語をめざすレッスンです。

私の方も、先生方から色々とお話をうかがえるとうれしいです。

発音・リスニングの独習について

なお、独習される場合のおすすめ教材を掲げておきます。

  • 本+CD教材 鵜田豊「英語のリスニングは発音力で決まる」(1,944円)
  • DVD教材 鵜田豊「UDA式・30音英語リズム」(6,994円)

私は上記の教材で発音「開眼」しました。
威力は抜群で、国内にいながらにして、
映画はもちろん、NPR(アメリカの公共放送)のような
ややこしい英語も、完全ではありませんが、
聞き取れるような「英語耳」になりました。
大学入試やTOEICのリスニング試験なら100%聞き取れます。

とはいえ、発音/リスニングの教材は、相性があります。
自分にあう教材が見つかるまで試行錯誤は避けられないと思います。

ですから、すぐに成果を出そうとあせらずに、
発音上達の「プロセスを楽しむ」つもりで取り組まれるよう
おすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする